手汗 原因

手汗の原因と今日からできる改善方法まとめ!

世の中には手汗で悩んでいる人が多数存在します。特に女性の場合、彼氏と手を握るときに自分の手が湿っていたり、何かの拍子に手のひらを触られた時に手が湿っていると心の中で思われるのはとても恥ずかしいですよね。

今回は手汗の原因とその治し方をご紹介したいと思います。手汗は改善していくことが可能ですので、諦めずに対策をしていきましょう!


あなたの手汗レベルを確認!

手汗 レベル

手汗で悩んでいる人にとって、1番気になるのが「なぜ自分は手汗がでるのか」ということではないでしょうか。手汗には3段階のレベルがあります。

  • レベル1:手のひらが湿っている状態
  • レベル2:手のひらに水滴ができる状態
  • レベル3:手汗が垂れてくる状態

あなたはどのレベルに当てはまるでしょうか。レベル1程度だと自力での改善が可能ですが、レベル2以上になると病気の可能性があるので病院に行く必要があるかもしれません。

レベル2以上の人に考えられる病気

上記のチェックでレベル2以上の人は、以下のような病気にかかっている可能性が考えられます。

  • 糖尿病
  • 褐色細胞腫
  • 甲状腺機能亢進症(バセドー病)
  • 甲状腺刺激ホルモン産出腫瘍
  • 急性リウマチ
  • 生殖器障害
  • プランマー病

ただしこの病気にかかっている可能性が高いのは、手だけではなく全身が多汗症の人です。手のみ多汗症の人でしたらそれほど心配はありませんが、頭の片隅に置いておくと良いかもしれません。

精神的な問題が原因からくる手汗

手汗 原因 精神的

手汗をかく原因は大きく3つに分けることができます。その内の1つが、精神的な問題が原因となり手汗がでるパターンです。手汗が出やすくなる精神的な問題とは以下の通りです。

  • ストレス
  • 緊張
  • 不安

それぞれ紹介しますので当てはまる原因があった人はまずそこから改善しましょう。改善すればきっと手汗が落ち着くはずです。

精神的な手汗の原因1:ストレス

ストレスで手汗が出やすくなってしまう人の特徴は、人よりストレス耐性が弱いということです。このような人は少しのことでストレスを感じてしまい、自律神経が乱れた結果、手汗が重症化していきます。

ストレスを感じやすい人は、何かストレスを発散できる方法を見つけたほうが良いでしょう。

精神的な手汗の原因2:緊張

緊張で手汗が出やすくなってしまう人の特徴は、上がり症だということです。人は緊張すると交感神経が刺激されます。その結果、手汗をかいてしまう人が多いです。

どんな状況のとき緊張してしまうのかを考え、場数を踏んだりして緊張しない精神を作ることが大切です。

精神的な手汗の原因3:不安

不安で手汗が出やすくなってしまう人の特徴は、心配症・人の顔色を伺いすぎるということです。このような人は1度手汗を指摘されると「私は手汗がすごいんだ」と自覚し、手汗をかきませんようにと願えば願う程手汗をかいてしまいます。

不安になっても仕方ありません。性格を変えることは難しいかもしれませんが「そうなったときは仕方ない!」など割り切って考えるようにすると、だんだん不安や心配する頻度が低くなるでしょう。

身体的な問題が原因からくる手汗

手汗 原因 精神的

手汗をかく原因を大きく3つに分けた時の2つ目の原因が、身体的な問題が原因となり手汗がでるパターンです。手汗が出やすくなる身体的な問題とは以下の通りです。

  • 姿勢が悪い
  • 自律神経失調症
  • ホルモンバランスの乱れ

身体的な手汗の原因1:姿勢が悪い

姿勢と手汗は一見関係ないように思えますが、実は深い関わりがあります。姿勢が悪いと呼吸運動に関係する筋肉である横隔膜が退化し、酸素うまく取り込めなくなります。そうすることで自律神経が乱れ、手汗をかきやすくなってしまいます。

姿勢が原因の場合は、自分の意識で今すぐに改善することが可能ですので、姿勢をよくすることを意識付けましょう。

身体的な手汗の原因2:自律神経失調症

自律神経が乱れていると手汗をかくと説明しましたが、自律神経の病気で「自律神経失調症」というものがあります。この病気にかかると発汗のコントロールができなくなり、手汗が増えてしまします。

自分が自律神経失調症なのではないかと疑いのある方は、1度病院に行って症状を診てもらったほうが良いでしょう。

身体的な手汗の原因3:ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れると、身体がのぼせたり暑くなくても発汗したりすることがあります。特に女性はホルモンバランスが崩れやすいので、規則正しい生活を送ってできるだけホルモンバランスを崩さないように心がけましょう。

ホルモンバランスの乱れの病気で「更年期障害」というものがあります。これは比較的若い年齢の女性にも起こりうる病気です。その場合は病院に行って適切な治療を行いましょう

生活習慣などの原因からくる手汗

手汗 原因 生活習慣

手汗をかく原因を大きく3つに分けた時の3つ目の原因が、生活習慣が原因で手汗がでるパターンです。手汗が出やすくなる問題の生活習慣とは以下の通りです。

  • 食事
  • 運動不足
  • 太りすぎ

手汗をかきやすくする生活習慣1:食事

辛いもの・熱いものを食べていると、交感神経が活動しやすくなり汗をかきやすい体質になってしまいます。たまになら良いですが、日常的な摂取は交感神経が麻痺する原因となり、ちょっとした刺激で汗が大量に出るようになる可能性があります。

手汗を改善するには、味覚に刺激を与える食事の摂り過ぎに注意することが必要です。

手汗をかきやすくする生活習慣2:運動不足

日ごろ運動をしていないと汗腺の動きが鈍くなるため、手や足などの箇所から重点的に汗がでるようになり、それが手汗の原因になってしまいます。

汗腺の機能を回復するには日常的に運動を取り入れ、全身から発汗することが必要です。汗腺の動きは1度鈍くなったとしても回復するので、意識的に運動するように頑張りましょう。

手汗をかきやすくする生活習慣3:太りすぎ

痩せている人に比べ太っている人は、内臓脂肪と皮下脂肪のせいでうまく放熱ができず汗をかきやすくなります。汗の量も太っている方が必然的に多くなるのです。

改善のためにはダイエットをするしかないでしょう。ダイエットは汗を抑えるためだけではなく、健康面でもメリットがあります。太りすぎの人は今日から体重管理をしっかり行いましょう。

まとめ

手汗の原因をご紹介しましたが、あなたに当てはまるものはありましたか。しめっている程度の手汗は日常生活に大きな支障をきたしませんが、自分が気になるのであれば改善したほうが良いでしょう。

ご紹介した原因は、レベル1くらいの手汗でしたら全て解決できることばかりなので努力や意識をして改善していきましょう!


The following two tabs change content below.
りかぴぐ

りかぴぐ

年齢:25歳・血液型:O型 【美容に関してのこだわり】外側からきれいになるのではなく、内側からきれになることを心がけています。 【美容の為に頑張っていること】健康・体重管理のため、毎日スポーツジムに行っています、いっぱい汗を流すと血行が良くなり冷え症改善にも繋がりますし、肌トラブルに悩まされることがかなり少ないです。

この記事を読んだ方は次の記事も読んでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。