スーパーフード!チアシードの平均価格

今話題のスーパーフード!チアシードの平均価格、効果、注意点とは?

近年、モデルや若い女性の間でチアシードという食べ物が、スーパーフードとして話題を集めています。実際に、テレビやSNSでも話題となっていたため、食べたことのある方や、名前を聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

チアシードは、健康に良い食品でありながら、ダイエット効果が期待される食べ物でもあります。そこで、今回はチアシードの食べ方、美容や健康への効果、また注意点を説明していきたいと思います。


チアシードとは?

チアシードとは

近年、話題となっているチアシードですが、どういったものなのか、どこで作られているのか、いまいち分かりません。ここでは、チアシードとはどんなものなのかを説明します。

 

チアシードは、シソ科のチアという植物の種

シソ科のチアという植物の種

チアシードとは、シソ科サルビア・ヒスパニカというミントの一種で、主に南米で栽培されています。チアシードの「チア」が植物の名前で「チア」にはマヤの言葉で「力」という意味が込められています。「シード」は英語で種という意味です。そのため、日本語に直訳すると、チアシードは「チアの種」になります

 

チアシードの主な成分

チアシードの主な成分

チアシードには、タンパク質、オメガ3、必須アミノ酸8種類、亜鉛、マグネシウム、脂質、ビタミンB、ミネラル、カルシウム、鉄分など、多くの栄養素が含まれており、スプーン1杯ほどのチアシードで食物繊維を5.6gも摂取することができます。そのため、アメリカFDAでは、栄養補助食品としても認められています。

 

チアシードは「オメガ3」の摂取に最適

チアシードには、多くの栄養素が含まれていますが、中でも、「オメガ3」は、アレルギーや炎症、血管の抑制、また血管拡張を行ってくれるとても重要な成分です。

厚生労働省は、「オメガ3」に関して男性は1日2.1g~2.4g、女性は1日1.8g~2.1gを摂取基準としています。しかし、「オメガ3」は体内で作ることができない成分のため、「オメガ3」をとるためには、「オメガ3」が含まれた食べ物を食べる必要があり、なかなか摂取が厳しいのが現状です。しかし、チアシードの場合、大さじ1杯で2.14gのオメガ3を摂取することができるため、「オメガ3」を摂取するには最適だと言えます。

 

チアシードの産地は?

チアシードの原産国は、主に以下のような国になります。チアシードの産地は、主に中南米が多くなっていますが、近年、スーパーフードとして世界中から需要が増えた影響で、広大な土地を持つオーストラリアなどでも生産が始まっています。

  • エクアドル
  • アルゼンチン
  • メキシコ
  • ペルー
  • ボリビア
  • グァテマラ

日本では、近年話題となったチアシードですが、チアシード自体は、紀元前3500年の、アステカ族やマヤ族の人々の時代から中南米の人の重要な栄養素として愛されてきたもので、現在もチアシードのほとんどは南米で生産されています。

また、チアシードの原料であるシソ科サルビア属ミント「チア」が、温暖な気候を好むため、南米がチアシードの栽培に適しているという点も原産国が南米に多い理由としてあげられます。そのため、日本に輸入されているチアシードについても、ほとんどが南米で生産されたものです。

 

ブラックチアシードとホワイトチアシードの違い

ブラックチアシードとホワイトチアシードの違い

あまり知られていませんが、チアシードには、ブラックチアシードとホワイトチアシードの2つの種類があります。日本では、ブラックチアシードの方が良く見かけられますが、ブラックチアシードとホワイトチアシードの違いはどういったところでしょうか。

ブラックチアシードの進化系がホワイトチアシード

実は、チアシードは、もともとブラックチアシードしかありませんでした。日本でよく見られるチアシードのほとんども、色の黒い、ブラックチアシードです。しかし、近年、品種改良が進みホワイトチアシードが作られたのです。そのため、ブラックチアシードの進化系がホワイトチアシードとも言えます。

 

ブラックチアシードとホワイトチアシードの栄養価の違い

商品にもよりますが、ブラックチアシードとホワイトチアシードの違いとして、以下のような栄養価の違いが挙げられます。

ブラックチアシード(15g) ホワイトチアシード(15g)
鉄2.5mg 鉄1.25mg
オメガ3脂肪酸3,100mg オメガ3脂肪酸3,425mg
カルシウム123mg カルシウム115.5mg
食物繊維4.2g 食物繊維5.1g
マグネシウム59mg マグネシウム57mg

食物繊維を多くとりたいという方には、ホワイトチアシードがお勧めになっていますが、自分が摂取したい成分を確認して、どちらを購入するか決めることが大切です。

 

チアシードの価格平均

すでに、チアシードを購入したことのある方はおおよその価格を知っていると思いますが、チアシードは、一般的にどれくらいの価格なのでしょうか。確認しておきましょう。

ブラックチアシード 100g ホワイトチアシード 100g
有機認定なし
チアシード平均価格
550円 700円
有機認定あり
チアシード平均価格
600円 800円
オーガニック
チアシード
600円 800円

有機認定されているものやオーガニックのチアシードは、その他のチアシードに比べ、100g、100円ほど高めになっています。しかし、体に入るものなので、有機認定やオーガニックのものを購入することをお勧めします。また、ブラックチアシードに比べ、ホワイトチアシードの方が高くなっています。

チアシードの効果

チアシードの効果

チアシードには、様々な効果が期待されていますがものが、最も期待されている効果が、ダイエット効果です。そこで、ダイエット効果とその他の効果について確認しておきましょう。

 

ダイエット効果

チアシードの効果として、もっとも期待されているのがダイエット効果です。しかし、チアシードをただ食べただけでは、その効果は出ません。チアシードは、あくまでもダイエットの手助けをする食べ物だからです。そもそも、なぜチアシードがダイエットに効果的かというと、チアシードは水を含むと、膨張するため、体内にチアシードを取り込むことで、体内でチアシードが膨らみ、少しのチアシードでも満腹感を得ることができるのです。

また、チアシードは腹持ちも良く、便秘解消の効果もあるため、まさにダイエットにはもってこいのスーパーフードと言えます。

 

チアシードは食べ過ぎると逆効果

ダイエットには、もってこいのチアシードですが、意外にもチアシードは、100gあたり543kcalと高カロリーのため、摂りすぎると逆に太ってしまう可能性があります。そのため、目安としては、1日大さじ1杯、約75kcal(水を含んでないもの)を守るようにしましょう。

 

ダイエットに効果的なチアシードの食べ方

ダイエットに効果的なチアシードの食べ方としては、まず、必ず水やジュース、スムージー、ヨーグルトで10分以上ふやかすことが重要です。チアシードは、体内でも膨張しますが、膨張までに時間が少しかかるため、事前にある程度膨張させておきましょう。1分浸けておくと、周りに「グルコマンナン」と呼ばれるゼリー状の成分が出てきて、約10倍に膨らみます。また、食事の30分ほど前に撮るのがダイエットに効果的です。

またここで注意してもらいたいのが、チアシードをふやかす際には、必ず水で行うということです。チアシードは、40度以上のお湯でふやかすと、せっかくの栄養分が流れ出てしまう可能性があるので注意しましょう。

 

美肌効果

チアシードの効果として2番目に有名なのが、美肌効果です。もともと、チアシードが、これまでに有名となった背景には、世界各国の有名モデルが、食事に、チアシードを取り入れていることをSNSなどネットで紹介したことが挙げられます。モデルたちが、チアシードを取り入れている理由は、ダイエット効果はもちろんですが、美肌効果があるためという方も多くいます。

 

チアシードの「オメガ3」が美肌効果につながる」

なぜチアシードには、美肌効果があるのでしょうか。その理由としては、チアシードに含まれる「オメガ3」が影響しています。「オメガ3」には、老化や病気の原因となる活性酸素を除去する働きがあり、美肌やアンチエイジングに効果的とされています。

 

チアシードの注意点

チアシードの注意点

スーパーフードのチアシードですが、チアシードを食べる際、注意しなければいけない点がないか、確認しておきましょう。

 

チアシードには副作用がある?

以前、ニュースでチアシードによる副作用が取り上げられたことがあります。しかし、チアシード自体は食物であるため、適切に保管、管理されていたものであれば、副作用が起こることはありません。しかし、保存状態が悪い場合など、まれに「アフラトキシン」と呼ばれるカビ毒が発生することがあります。そのため、販売会社をしっかり確認することや保存状態には十分に注意が必要です。

 

チアシードはアレルギーが出る人もいる

チアシードは、ミント系の植物です。そのため、シソやミント、バジルなどにアレルギーがある方は、チアシードにおいてもアレルギー反応が出てしまうことがあります。そのため、チアシードを食べて、かゆみや頭痛、吐き気などがした際は、すぐに摂取をやめ、病院で確認してもらいましょう。

 

食べすぎると下痢や便秘になることも

チアシードを食べすぎると下痢や便秘になる可能性があります。チアシードには、体内をキレイに掃除してくれる効果があり、便秘解消の効果も期待されますが、あまりにも取りすぎると、体内の食物繊維のバランスなどが壊れ、消化不良などで、下痢や便秘を引き起こしてしまう可能性があります。そのため、食べ過ぎには、十分気をつけましょう。

 

まとめ

今回は、最近話題のスーパーフードである「チアシード」についてご紹介しました。チアシードは、マヤ文明の時代から中南米で愛されていたスーパーフードで、オメガ3など、健康に良い成分を多く含み、ダイエット効果や美肌効果なども期待されるため、特に女性は摂取したいスーパーフードです。

ですが、チアシードは、食べ方や摂取する量、種類によって効果が大きく分かれてきます。また保管方法や摂取量を間違ってしまうと、副作用などが起こることもありあます。そのため、チアシードを購入する際には、今回ご紹介したことを参考にしてみてください。


The following two tabs change content below.
ゆぅゆ

ゆぅゆ

今年の3月末まで現役女子大生でした。 自由人とよく言われますが自分では普通と思っているタイプ。 最近は自分が運動音痴のためかスポーツ選手が輝いて見えてしょうがない。 九州田舎生まれの22歳。丸の内でWebライター頑張っていきます。

この記事を読んだ方は次の記事も読んでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。