静電気 予防 方法

髪の毛の静電気防止方法!原因は乾燥と体質だった!

せっかく可愛く髪の毛をセットしても、静電気のせいで台無しになってしまった経験がありませんか。静電気が発生する主な理由は以下の通りです。

  • 空気が乾燥している時
  • 摩擦が起こった時
  • 電気を溜めやすい体質

特に静電気が発生しやすいのは冬です。電気は水分があれば放電して逃げることができますが、冬は空気中の水分が少なくなるので電気が放電できなくなり静電気となってしまいます。

それでは、静電気を防止するためにはどのような対策をすればいいのか確認していきましょう。


髪の毛の乾燥防止対策方法

静電気 防止 対策

静電気は、気温25度以下・湿度20%以下で空気が乾燥しているときに起こります。要するに、静電気を発生させないためには髪の毛に潤いを与えてあげれば良いのです。髪の毛の乾燥対策は以下の通りです。

  • 保湿系ヘアケア商品を活用する
  • 静電気が起こりづらい衣類の素材を選ぶ
  • プラスチック製のブラシは使わない

日ごろからこのようなことに気をつけるだけでだいぶ静電気を防止することができます。

洗い流さないトリートメントをつける

王道の乾燥防止対策は、洗い流さないトリートメントを髪の毛に塗布することです。各メーカーから色んな種類のヘアオイルがでていますが、静電気を抑制するためには、よりネットリした保湿力やカバー力の高いものを買うことをオススメします。

乾燥しがちな冬場は保湿系のシャンプーを使うとより効果を発揮するのでオススメです。

天然素材の衣類を着る

髪の毛の静電気は摩擦によっても起こります。特に素材にアクリルやナイロンを使用している衣類は電気を強く帯びやすいため、静電気が発生しやすいです。

それに比べ、天然素材でできた衣類は電気を強く帯びないため、合成素材に比べて静電気発生がマシになります。ですが天然素材でできた衣類は少なく気に入るデザインを見つけにくいでしょう。その場合、髪に触れるマフラーだけでも天然素材でできたものをつけると良いです。

ブラシは木製のものを使用する

プラスチック製のブラシやくしは髪の毛のキューティクルを剥ぎ、静電気を起こしやすくしてしまいます。静電気防止のためではなく、髪の毛をきれいに保つためにも天然でできた豚毛や木製のブラシを使用すれば随分静電気の発生を抑えることができるでしょう。

ブラッシング方法は、髪の毛が少し濡れた状態でブラッシングすることです。まずは毛先をとかしてから全体をとかしましょう。そうすることで髪へのダメージを最小限に抑えることができます。

電気を溜め込まない体になる方法

溜め込まない 体

世の中には、静電気を発生しやすい「帯電体質」の人が存在します。帯電体質の人は以下の理由で電気をうまく放電できていない場合が多いです。

  • 体のめぐりが悪い
  • 乾燥肌

あてはまる人は体を改善する必要があります。以下に改善方法をご紹介いたします。

体のめぐりが悪いと血液が酸性化する

体のめぐりが悪くなる原因は、ファーストフードや高カロリーな食事をとっていることです。不健康な食生活を続けていると、血液がドロドロになって酸性化していきます。そうなることで帯電体質になっていきます。

改善のためには、健康的な食事をすることに限ります。バランスの良い食事を心がけ、カロリーをとり過ぎないことで改善されるので、今一度食生活を見直してみましょう。

やはり静電気は乾燥している所が大好き

肌が乾燥していると髪の毛に溜まった電気が放電する場所を失ってしまいます。よって顔に髪の毛が吸い付くといった現象が起こるのです。乾燥肌の人は日ごろからしっかり保湿をしてあげることが大切です。

今すぐできる静電気防止法

今すぐ 静電気 防止

日ごろから行う静電気防止方法を上記でご紹介しましたが、「今」静電気に悩んでいるあなたに今すぐできる静電気防止法をご紹介します。

  • 髪の毛にハンドクリームを薄く塗る
  • 髪の毛を軽く水で濡らす
  • 周りの壁などを触り放電させる

あくまで以上の防止法は緊急用なので、日ごろからのケアを怠らないようにしましょう。

持続力もあるハンドクリームはオススメ

携帯用のハンドクリームを常に鞄に入れている人は多いのではないでしょうか。本当は洗い流さないトリートメントをつけるのが良いですが、緊急の場合はハンドクリームで代用しましょう。持続力があるのでオススメです。

ここでのポイントは、1度手に取りハンドクリームを薄く延ばしてから軽めに髪の毛に塗ることです。塗りすぎると髪の毛がベタベタになります。くれぐれも気をつけてください。

水で髪の毛に水分補給!

ハンドクリームなど髪の毛に潤いを与えるアイテムを持っていない人は、水で髪の毛に水分補給をしましょう。誰でも簡単にできるのでオススメですが、気をつけてほしいことは本当にその場しのぎだということです。

髪の毛に水分がある時は静電気を抑えることができますが、髪が乾けば静電気が発生します。なんなら水で濡らす前より静電気が強く発生する可能性があります。持続性を求めるなら水で静電気を抑えることはオススメできません。

体に溜まった電気を壁などに放電

静電気を失くすためには、体に溜まった電気を逃がすという手があります。何でも良いので、周りの壁などを触りまくってください。ただし、この時に静電気が発生して痛い思いをする場合があるので、触るときは手のひらで抑えるように触ると良いです。

まとめ

ヘアケア 大事 静電気

静電気が発生する原因は乾燥と体質にありました。どれも事前に対策をしていれば、静電気を抑制することができそうです。カラーで髪の毛が痛んでいる人ほど乾燥しやすくなり、静電気が発生しやすいのでヘアケアを怠らないようにしましょう。

また帯電体質の人は、静電気予防だけでなく自分自信の健康のために体質改善をしたほうが良いでしょう。

The following two tabs change content below.
りかぴぐ

りかぴぐ

年齢:25歳・血液型:O型 【美容に関してのこだわり】外側からきれいになるのではなく、内側からきれになることを心がけています。 【美容の為に頑張っていること】健康・体重管理のため、毎日スポーツジムに行っています、いっぱい汗を流すと血行が良くなり冷え症改善にも繋がりますし、肌トラブルに悩まされることがかなり少ないです。

この記事を読んだ方は次の記事も読んでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。