ノンシリコンシャンプーの真相

ノンシリコンシャンプーとは!?メリット・デメリットを知って髪の毛の美容を

美容と言えば、美容液、ダイエット商品などを真っ先に思い浮かべる方が多いと思いますが、その中の1つに「シャンプー」も含まれています。4~5年前くらいからスカルプケア(頭皮ケア)という言葉が良く聞かれるようになって、市場ではいろんな会社からノンシリコンシャンプー、スカルプケアシャンプーなどが発売されました。

「紫外線を浴びて痛んでいる髪に」「上質な髪の毛はまず頭皮から」というようなキャッチフレーズに私も薬局へ駈け込んでノンシリコンシャンプーを購入した記憶があります。でも実際、初めて使った時の感想は「よけいに髪の毛がきしんでしまう」でした。でも、ノンシリコンシャンプーもスカルプシャンプーも人気があります。今回はその「髪の毛の美容」の真相に迫ることにします。


ノンシリコンシャンプーとは?スカルプケアシャンプーと目的が違う

ノンシリコンシャンプーとは

ノンシリコンシャンプーが流行りだしたときに、一緒にスカルプケアシャンプーという商品も同じように多く発売されました。初めてノンシリコンシャンプーを購入するときに、「スカルプシャンプー」という商品もあり、どう違ってどちらを購入すればいいのか迷った覚えがありました。この二つの違いを比較してみました。

ノンシリコンシャンプーの目的

シリコンは、髪の毛のキューティクルを出すための物質で、髪の毛や頭皮に負担をかけてしまうことがわかっています。その髪どおりを滑らかにする成分「シリコン」を含まないシャンプーのことをノンシリコンシャンプーと呼びます。洗い終わりに、シリコンが残らないので頭皮がきれいになることと、髪の毛そのものを健康に保てます。これが美容に特化したシャンプーと呼ばれる理由です。

スカルプシャンプーの目的

スカルプシャンプーにはシリコンは含まれているものといないものがありますが、違いはシリコンの有無ではありません。抜け毛の原因と言われる、頭皮の皮脂や老廃物などの汚れを落とし、血行を良くします。

このように、頭皮の汚れを落とし、健康に保つことで痒みやフケを無くし、抜け毛の予防につなげる目的で開発されたのがスカルプケアシャンプーと言えます。

スカルプケアシャンプーは男性に向いている

頭皮の皮脂や汚れは、新陳代謝の高い男性の方が多いとされます。スカルプケアシャンプーは女性よりも男性をターゲットとして開発された商品とも言えます。

なぜ髪に良いと言われるのか

なぜ髪に良いと言われるのか

ノンシリコンシャンプーとスカルプケアシャンプーの話をしましたが、ほとんどの女性がノンシリコンシャンプーを使用しています。

そもそも販売されているシャンプーの多くがノンシリコンタイプなので仕方ないことではあるのですが。今度はノンシリコンについて詳しく紹介します。

ノンシリコンシャンプーのシリコンとは

先ほど、髪の毛をコーティングし、美しく健康に保つ、美容目的で開発されたのがノンシリコンシャンプーとお話しました。

でも一般的なシャンプーに含まれている「シリコン」が入っていないと言われてもピンときませんよね。簡単にいうとシリコンとはこんな成分を持っています。

  • シリコンとは人工的に作られた化学物質
  • シリコンは髪や頭皮をコーティングする
  • シリコンは髪にツヤをだす
  • スキンケアなどにも幅広く使用されている

このように、髪の毛をコートする役割を持っているのがシリコンです。つまり、髪がサラサラ、ツヤツヤに感じるのはシャンプーに含まれるシリコンのおかげだったということです。

ノンシリコンは頭皮も髪も自然な状態にしてくれる

髪の毛がサラサラとしている女性って、何だか魅力的ですよね。そのサラサラの成分が入ってないノンシリコンシャンプーがどうして良いと言われているのでしょうか。

  • 洗浄後、頭皮にシリコン成分が残らない
  • 髪の毛がペタッとしない
  • 栄養成分が浸透しやすい

この3つがノンシリコンの特徴でよく取り上げられています。シリコンがないから、頭皮も髪の毛もクリアで清潔な状態になります。特にシリコン成分は人によっては頭皮の炎症やフケ、痒みのもとになることもあるので、その成分がないというのはとても喜ばしいことです。

ノンシリコンシャンプーを使うメリットとデメリット

使うメリットとデメリット

髪の毛の本来の美しさを取り戻すために開発されたノンシリコンシャンプーですが、メリット・デメリットを私の体験もふまえて紹介していきたいと思います。

ノンシリコンシャンプーのメリット

化学物質が髪に残らないことで、炎症などが起きにくいなど前述しましたが、他に挙げられるのは以下3つです。

  • 髪の毛本来のハリやコシがでる
  • 髪の毛が健康な状態で成長する
  • カラー剤やパーマなどのかかりや持ちがよい

これらはノンシリコンの特徴にある、「栄養成分が浸透しやすい」ことの結果と言えます。髪の毛を化学成分でコーティングしないからこそ、自分本来の頭皮の健康と髪の毛のしなやかさを保てるのです。

ノンシリコンシャンプーのデメリット

さて、デメリットですがこれは意外にもシリコン成分がないことで起こる問題が要因になっている意見が多いです。

  • 髪の毛のツヤがなくなる・軋む
  • アイロンやドライヤーの熱により髪の毛の痛みやすい
  • 普通のシャンプーよりも値段が高い

いろんなサイトの口コミを見てもこの3つがダントツで目にする声です。実は私も初めてノンシリコンシャンプーを使用したときに「髪の毛の軋み」はかなり気になりました。それから、この2つの意見の他に個人的に感じたのが「カラー剤の持ちが悪い」ということです。いま思えば、シリコン成分がコーティングの役割と、カラー剤を外に逃がさない役割をしてくれたのかもしれません。

ノンシリコンシャンプーの後には上質なコンディショナーが良い

デメリットでも多かったノンシリコンシャンプーを使用して「軋みがひどくなった」という意見ですが、実はきちんと解決策はあります。それは「髪の毛の痛みに効果を発揮する上質なコンディショナーを使用する」ことです。もちろん、コンディショナーもノンシリコンの方が良いです。最近はノンシリコンのコンディショナーも良いものがたくさんあります。

好みでノンシリコンシャンプーを使うことが髪の美容といえる

好みでノンシリコンシャンプーを使うことが髪の美容

美容の目的ってなんなのでしょうか。内側から変えていく、というのはもっともな意見です。でも、美容というのはみんなが良いとするからではなく、あくまで自分に合っているかが大切になります。

自分の髪の毛に対する考え方でシャンプーを選ぼう

例えば、頭皮がべたつくのが悩みであれば、スカルプシャンプーやノンシリコンシャンプーであればその悩みを解決できます。髪の毛のツヤや指どおりをを重視したいのであればシリコンシャンプーを使用するのがベストです。

どのシャンプーも頭皮を洗浄することに変わりはない

いい加減な洗い方をしなければ、どのシャンプーでも頭皮の汚れは落とせます。違いは「どういった汚れを落とすことに特化しているか」と「汚れを落とすことによって得られる効果」です。ノンシリコンシャンプーはシリコンを頭皮に残しませんが、皮脂汚れを落とすことに特化しているわけではないのです。

ノンシリコンのスカルプシャンプーも発売されてきている

最近ではノンシリコンタイプのスカルプシャンプーも市場に出回るようになりました。大手でいうとご存知の方も多い「POLA」さんのエイジングケアシリーズにある「FORM(フォルム)」という商品です。今までは、頭皮を健康に保つことに着目されてきたのですが、こちらの商品は外から受ける影響である「紫外線」に焦点を当てて、独自の製法でノンシリコンシャンプーを開発しています。

女性も使えるスカルプシャンプー

今まではスカルプシャンプーは男性用というイメージを持っていた方でも、女性でも聞かるに購入できるノンシリコンのスカルプケア商品も開発されてきています。購入できるのはインターネットが主になりますが、試してみる価値は存分にありますし、口コミサイトなどでもいろんな意見が聞けるのでお勧めできます。

まとめ

髪の毛の質というのは人に与える印象が大きいです。清潔な身なりをしていても、髪の毛が不潔に見えたり、頭皮の臭いがきつかったりしたら残念ですよね。日本人の髪質は海外の方とは違って黒くツヤがあることが大きな特徴になります。今ではいろんなカラー剤が出回って元々の自分の髪の毛を大事にする人も少なくなってきます。

それでも、「髪の毛を健康に保とう」という精神が根付いているからこそ、いろんな課題をクリアしてより良いシャンプーが研究・開発されています。良いものに出会えるには、使ってみて「だめだった意見」も必要です。是非、今使っているシャンプーについて見直したり、自分の頭皮の今後の健康についても興味を持っていただきたいと思います。


The following two tabs change content below.
きき

きき

年齢:28歳・血液型:A型【美容に関して気を付けていること】メイクはきちんと落として肌に負担をかけないように工夫しています。【美容に関しての考え】きれいでいるためにスキンケアや、食事に気を遣ったり、定期的に運動をすることはもちろんですが、心のフレッシュさは見た目にも影響してくるので新しいことに挑戦していく気持ちも大事にしていきたいです。

この記事を読んだ方は次の記事も読んでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。