ヘンプシード メイン

麻の実でできたヘンプシードは美容とダイエットの強い味方!その効果や栄養を徹底解説

最近話題になっているヘンプシードというスーパーフードをご存知ですか?海外では、苦しくて辛い運動や食事制限などを行わなくても簡単に痩せられて、おまけに美容面での効果も得られると大流行しています。日本ではまだヘンプシードは浸透していませんが、いち早くヘンプシードを生活に取り入れ、身体の内側も外側もきれいになりましょう!

ヘンプシードとは

ヘンプシード とは

最近日本でも話題になっているヘンプシードですが、まだまだ聞きなれない言葉ですよね。そこでスーパーフードの1つであるヘンプシードとは一体何なのか、を解説いたします。

ヘンプシードとは麻の実を使用した食品

麻の実というと、大麻などを思い浮かべるかもしれませんが、幻覚作用があるのは麻の葉や穂の部分にしかその成分は含まれていません。よって麻の実を使ったヘンプシードは安全に食べることができます

実は七味唐辛子の中に含まれている

日本ではヘンプシードとの歴史が深く、なんと縄文時代から食べられてきた食べ物です。日本人にとって馴染み深い七味唐辛子にもヘンプシード(麻の実)が入っています。

ヘンプシードのダイエット効果とは

ヘンプシード ダイエット

ヘンプシードはその小さな実からは想像できないくらいのダイエット効果があります。ヘンプシードに含まれている成分が、果たしてどのようなダイエット効果をもたらしてくれるか解説いたします。

脂肪の燃焼を促す効果がある

ヘンプシードには脂肪の燃焼を促す必須脂肪酸という栄養素が含まれています。ヘンプシードに含まれているオメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸という必須脂肪酸は、体内では作り出すことができない脂肪酸です。

さらにヘンプシードには脂肪を燃焼しやすい割合でオメガ6刑脂肪酸とオメガ3系脂肪酸が含まれているため、ダイエット効果が抜群です。

身体を引き締める効果がある

きれいにダイエットするために必須なのはたんぱく質です。たんぱく質は筋肉を生成する材料であり、もし摂取せずにダイエットした場合すぐにリバウンドしてしまいます。ヘンプシードはたんぱく質が多く含まれており、なおかつ脂質が少ないので最適なたんぱく質摂取方法といえます。

いくら体重が減ったとしても、たるんだ体ではキレイな体とは程遠いです。ダイエットをするなら体重だけにとらわれず、良質なたんぱく質を摂取して引き締まった体を目指しましょう!

ヘンプシードの美肌効果とは

ヘンプシード 美肌

ヘンプシードはダイエット効果だけでなく、美肌を作る効果も持っています。多くの女性が悩む汚肌の原因を解決し、肌を内側からきれいにしてくれる理由を解説いたします。

便秘を解消してくれる効果がある

ヘンプシードにはとても多くの食物繊維が含まれています。食物繊維が多く含まれていると言われるさつまいも・おからと比較してみましょう。

  • さつまいも 2.4g
  • おから 9.4g
  • ヘンプシード 41.3g

含有数を見て分かるとおり、ズバ抜けてヘンプシードに含まれる食物繊維が多いことが分かります。便秘ですと体の中に老廃物が溜まり、汚肌の原因となります。ヘンプシードは腸内を整え老廃物を排出させることで美肌に導きます。

女性特有の冷えを血行促進し改善する効果がある

ヘンプシードにはαリノレン酸という栄養素が入っています。αリノレン酸は、血液がドロドロになる原因である悪玉コレステロールを減らす効果をもつ栄養素です。ドロドロの血液は冷え性を引き起こし、新陳代謝が悪くなるためカロリーが消費されずらくなります。そのためダイエットに悪影響を与えてしまうのです。

ヘンプシードに含まれるαリノレン酸が冷えの元となる悪玉コレステロールを減らしてくれるため、痩せやすい体を作ってくれます

肌に潤いを与えシミなどを防ぐ効果がある

ヘンプシードにはγリノレン酸という脂肪酸が含まれています。γリノレン酸はアトピーや湿疹などの肌の炎症を抑える効果があります。それだけでなく肌のくすみを予防するビタミンCや、肌の老化を抑えてシミ・シワを防ぐ効果を持つ抗酸化作用があるビタミンAも含まれているため、肌質改善に繋がります。

ヘンプシードのダイエットと美肌以外の効果とは

ヘンプシード 花粉

ヘンプシードにダイエット効果と美肌効果があることをご紹介しましたが、ヘンプシードの効果はこれだけではありません。そのほかにも嬉しい効果があるのでそちらもご紹介いたします。

記憶力を上昇させる効果がある

ヘンプシードにαリノレン酸が含まれていることは先ほどご紹介いたしましたが、このαリノレン酸が体内に吸収されると、魚に多く含まれていることで有名なDHA(ドコサヘキサエン酸)という不飽和脂肪酸になります。

みなさんご存知のとおり、DHAは記憶力を上昇させる効果があり、また、アルツハイマーやうつ病にも効果があります

辛い花粉症を改善する効果がある

ヘンプシードに含まれるαリノレン酸には、免疫力を高める効果があります。ですのでインフルエンザの予防や花粉症などの辛い症状を緩和することが可能です。

ヘンプシードの効果的な食べ方とは

ヘンプシード 効果的な 食べ方

嬉しい効果がたくさんあるヘンプシードですが、どのようにして食べたらいいのか、食べるのに効果的なタイミングを知っておかなければなりません。しっかり確認しておきましょう。

ヘンプシードの適正摂取量とは

ヘンプシードの1日の適正摂取量は大さじ1杯分です。いくらヘンプシードが体に良いからと言って、過剰摂取は逆に体調を壊してしまいます。適量を食べるのが最大限に効果を得られる方法です。

ヘンプシードを摂取するタイミングとは

一番のオススメは朝の空腹時に温かい食事と一緒に食べることです。そうすることで効率よく栄養が吸収され、効果を得られやすくなります。

ただし、ヘンプシードは40度以上に加熱してしまうと栄養分が破壊されてしまうので、40度以下の食事に混ぜたりかけたりして摂取しましょう。

まとめ

じわじわ人気がでてきているヘンプシードをご紹介しましたがいかがでしたか。ヘンプシードは小さい実ながら、体に良い栄養素をたっぷり含んでいるまさにスーパーフードです。通販でも取り扱うショップがおおくなってきましたし、価格も手を出しやすいためオススメのスーパーフードです。

食べ方も食べ物にまぜたりかけたりするだけで面倒な手間がかからないので続けやすいのも一つの魅力だと思います。あなたもぜひヘンプシードを生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
りかぴぐ

りかぴぐ

年齢:25歳・血液型:O型 【美容に関してのこだわり】外側からきれいになるのではなく、内側からきれになることを心がけています。 【美容の為に頑張っていること】健康・体重管理のため、毎日スポーツジムに行っています、いっぱい汗を流すと血行が良くなり冷え症改善にも繋がりますし、肌トラブルに悩まされることがかなり少ないです。

この記事を読んだ方は次の記事も読んでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。