目のクマの原因と解決方法すべて

目の下のクマを取りたい!目のクマの原因と解決方法すべて

近年、性別や年齢を問わず、目の下のクマに悩まされる人は多くなっています。やはり、目の下にクマがあると、疲れている印象を与えてしまったり、実際の年齢よりも老けた印象を与えてしまうことが多いためコンプレックスに思う方が多くなっているようです。

そもそも、なぜ目の下のクマはできるのでしょうか。また、クマを取る方法とはどのようなものがあるのでしょうか。今回は、そんな悩みを解決するため、目の下のクマができる原因とクマを取る方法の全てをご紹介します。

【目次】
そもそもなぜ目の下のクマはできるの?
―茶クマの特徴と原因
―青クマの特徴と原因
―黒クマの特徴と原因
茶クマ、青クマ、黒クマのクマの解消法
―茶クマの解消法について
―青クマの解消法
―黒クマの解消法について

あなたの目元年齢は大丈夫?目元に悩みを持つ私がアイキララを購入した理由


そもそもなぜ目の下のクマはできるの?

そもそもなぜ目の下のクマはできるの
目の下にクマができる原因としては、一般的に睡眠不足によるものと考える人が多くなっています。しかし、実際、目の下のクマができる原因は、人それぞれの理由があるのです。そもそも、目のクマには、以下の3つの種類があります。まずは、3つのクマの種類を知り、自分がどの種類に当てはまるのか確認しておくことが大切です。

  • 茶クマ
  • 青クマ
  • 黒クマ

上記が目の下のクマの3種類となります。それぞれの特徴と原因を確認しましょう。

茶クマの特徴と原因

茶クマとは、主に目の周囲の皮膚にメラニン色素が沈着してできるクマのことを指します。そのため、茶クマは顔の皮膚を引っ張った時にクマも一緒に動き、クマの色が変わらないという特徴があります。

青クマの特徴と原因

青クマの原因としては、以下のような幾つかの項目が挙げられます。そのため、いずれかの原因の項目に心当たりのある方は、青クマである可能性が高くなっていますので、特徴についても確認してみてください。

青クマの原因

  • 生まれつき皮膚が薄いまたは弱い
  • 疲労やストレス
  • 睡眠不足
  • 喫煙
  • ドライアイ

青クマとは、主に生まれつき皮膚が薄い人や睡眠不足、ストレスが原因でできるクマのことを指し、最も一般的なクマと言えます。青クマは、目の周りの毛細血管の血の巡りが悪くなることでおきます。そのため、青クマの特徴としては、茶クマと違って、目の下の皮膚を引っ張ったり、刺激を与えるとクマの色が変化するという特徴があり、色白の人に多く見られるようになっています。

黒クマの特徴と原因

黒クマには、以下の原因が考えられます。黒クマは、年齢を重ねるごとにできやすくなっているので、以下の項目に当てはまる方は、できるだけ早い段階での対策が重要です。

黒クマの原因

  • 生まれつき目の下の脂肪が少ない
  • 加齢により目の下の脂肪が萎縮している
  • 皮膚のたるみにより皮膚の凹みが目立っている
  • 加齢により目の下の脂肪を支えている筋肉が緩み脂肪が突出、たるみその下に凹みが応じている

黒クマとは、目の周りの筋肉のたるみや小じわ、涙袋などが原因でできるクマのことを指しています。黒クマの場合、顎を上げて上を見流とクマがなくなるまたは、目立たなくなるというという特徴があります。

茶クマ、青クマ、黒クマのクマの解消法

茶クマ、青クマ、黒クマのクマの解消法
上記で紹介した茶クマ、青クマ、黒クマは、それぞれできる原因が異なるので、それぞれの解消法も変わってきます。そこで、ここでは、3種それぞれのクマの解消法をご紹介していきます。

茶クマの解消法について

茶クマの解消法について

色素沈着が原因の茶クマの解消法としては、色素沈着をいかに抑えるかという点が解決法につながってきます。そのため、日焼け対策や肌にストレスを与えない方法が主な解消法になってきます。

日焼け対策は必ずしよう

茶クマの解消法として最も適しているのが、日焼け対策です。茶クマの原因である、色素沈着の大きな元となっているのが、紫外線によるものだからです。そのため、日焼け対策としては、外出する際は、必ず日焼け止めを塗る、日傘をさす、大きめの帽子やサングラスをつけるなど、できるだけ目元に紫外線が当たらないようにすることが大切です。

ビタミンCを摂取しよう

ビタミンCには、色素沈着の原因であるメラニン色素の生成を抑える働きがあります。そのため、茶クマの解消法の1つとして、ビタミンCを摂取するということが考えられます。ビタミンCの摂取方法としては、サプリメントの摂取を始め、野菜(赤ピーマン、ブロッコリー、レンコン、ジャガイモ、サツマイモ)、果物(柿、キウイフルーツ、イチゴ、レモン、みかん)を食事に取り入れると良いでしょう。

化粧品は美白化粧品を選ぼう

茶クマにお悩みの方は、日頃使用する化粧品は、できるだけ美白化粧品を使用するようにしましょう。美白化粧品には、ビタミンC誘導体やアルブチン、コウジ酸など茶クマの原因となるメラニン色素を抑える成分を多く含んでいるものが多くなっています。そのため、色素沈着が原因である茶クマの解消法としては、十分効果が期待できます。

目をこする行為はやめよう

茶クマの人に多いのが、目をこする行為です。なぜ目をこする行為が茶クマにつながるかというと、やはりこれも茶クマの原因である色素沈着に関わっています。目をこするという行為は、肌に刺激を与える行為です。色素沈着は、肌に刺激を与えることでも起こりやすくなっています。そのため、茶クマができやすくなっているのです。

目元の洗顔は丁寧に行おう

茶クマの原因である色素沈着は、化粧品などの洗い残しによっても起こる場合があります。そのため、目元の洗顔は特に丁寧に行いましょう。ただ、ここで気をつけて欲しいのが肌に刺激を与えすぎると、それも色素沈着につながるということです。そのため洗顔を行うときは、なるべく少ない回数で洗い残しがないよう洗顔をするように心がけましょう。

青クマの解消法

黒クマの解消法について
青クマは、生まれつき目の下の皮膚が薄い人や生活習慣が不規則な人、また疲労やストレスなどによって、目の下がうっ血してできるクマです。そのため、青クマを解消する方法の1つとしては、血行促進とコラーゲン増加という方法が挙げられます。

蒸しタオルで血行促進してみよう

青クマを解消する方法として、蒸しタオルで血行促進を行うということが挙げられます。蒸しタオルは、軽く水で濡らしたタオルを500wの電子レンジで30秒間温めるだけで簡単にできるので、青クマがきになる方は、今日からでも始めてみてはいかがでしょうか。また、蒸しタオルを行うタイミングとしては、お風呂上がりなど血行が良くなっている時が最適です。

優しく目元のマーサージをしてみよう

青クマの解消法として目元のマッサージをすることで血行促進を行うという方法も挙げられます。しかし、ここで注意して欲しいのが、あまり強くマッサージをしてしまうと、皮膚に強い刺激を与えることになり、青クマではなく、色素沈着でできる茶クマができてしまう可能性があります。

そのため、マッサージをする際は、目元の皮膚を優しくマッサージするようにしましょう。また、この時に血行促進の効果があるとされるビタミンKが含まれたアイクリームなどを活用するとさらに効果が期待できます。

鉄分を多く含んだ食べ物を食事に取り入れてみよう

特に女性に多くなっていますが、青クマに悩む人に多いのが貧血であることです。やはり、貧血の場合、どうしても体内に回る血液が少ないので、青クマができやすくなっています。そのため、青クマを解消する方法として、まず鉄分を多く取り、貧血の解消を目指しましょう。

また、鉄分を摂る方法としては、食事から取り入れるのが最も身近で良い方法です。例えば、鉄分を多く含む、ほうれん草やレバーなどを積極的に日頃の食事に取り入れていきましょう。

喫煙者は禁煙から始めよう

青クマに悩んでいる方で、タバコを吸っている方は、まずは禁煙から始めてみましょう。タバコを吸うと、体内の血管が縮まってしまい血行の流れが一気に悪くなってしまします。また、喫煙をすると肌にも悪影響です。そのため、まずは、禁煙をすることが青クマを解消するのに重要なポイントとなってきます。

コラーゲンの増加に関しては、青クマだけでなく他の2種類のクマに関しても効果がある場合が多くなっていますので、試してみると良いでしょう。

黒クマの解消法について

黒クマの特徴と原因
黒クマは、目の周りの筋肉のたるみや小じわ、涙袋などが原因でできるクマのことを指し、年齢を重ねると共にクマが大きくなりやすく、気にされる方も増えています。そのため、黒クマの解決方法としては、いかに顔の筋肉低下を防ぐかが重要なポイントとなってきます。

毎晩寝る前に顔パックをしてみよう

黒クマは、目の周りにある眼輪筋(がんりんきん)が加齢によってたるんでくることが大きな原因となっています。そのため、黒クマを解消する方法としては、毎晩寝る前に、肌にハリをもたらすと言われているヒアルロン酸を多く含んだ顔パックをすると効果的です。

塩分を控えたバランスの良い食事を心がけよう

黒クマができる原因の1つに、無理なダイエットが挙げられます。無理なダイエットを行うと、その分、皮膚も痩せ、目の下のたるみが進行し黒クマの原因となってしまうのです。そのため、黒クマを解消するためには、無理なダイエットを行うのではなく、少しずつ食事の塩分を減らしていきながら、バランスの良い食生活を心がけるということが大切です。

眼輪筋(がんりんきん)を鍛えよう

黒クマは、目の周りにある眼輪筋(がんりんきん)を鍛えることで解決することができます。眼輪筋(がんりんきん)を鍛える方法としては、目を大きく開いたり閉じたり、目玉をゆっくり大きく回してみたりするエクササイズが効果的です。他にも眉毛を上下にあげたり、目や顔の筋肉を意識して行うと黒クマの解消に効果的です。

まとめ

目の下のクマには、色素沈着でできる茶クマと疲労や寝不足などで起こる青クマ、加齢による目元の筋肉のたるみで起こる黒クマの3種類があります。

また、3種それぞれで起こる原因も異なってくるため、まずは、自分のクマが3種のどれに含まれるのかを確認することが、目のクマの解決方法としては大切です。目のクマでお悩みの方は、ぜひ今回ご紹介した解決方法を試してみてください。

あなたの目元年齢は大丈夫?目元に悩みを持つ私がアイキララを購入した理由


The following two tabs change content below.
ゆぅゆ

ゆぅゆ

今年の3月末まで現役女子大生でした。 自由人とよく言われますが自分では普通と思っているタイプ。 最近は自分が運動音痴のためかスポーツ選手が輝いて見えてしょうがない。 九州田舎生まれの22歳。丸の内でWebライター頑張っていきます。

この記事を読んだ方は次の記事も読んでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。