洗顔の重要性と適切なタイミング

なぜ洗顔するの?洗顔の重要性と適切なタイミングについて

美肌を目指すために洗顔に気を使っている人は多いですよね。しかし、どこに気を使っているか聞くと、肌を傷つけないために、強くこすらないようにしているとか、2種類の自然素材の洗顔剤を使って行っているとか、洗顔方法や洗顔剤に関することで気を使っているという声が多く聞かれます。

もちろん、洗顔方法や洗顔剤も大切なのですが、洗顔を行う際には、もう一つ気をつけてほしいことがあります。それは、洗顔をするタイミングです。どんなに高価な洗顔剤を使用していても、このタイミングを誤っていると、効果が出にくかったり、出なかったり、意味がないことになってしまいます。

そこで今回は、洗顔の重要性と適切なタイミングについてご紹介します。

【ビノージョおすすめの洗顔商品】

マナラホットクレンジングジェル

  • 商品:マナラホットクレンジングジェル
  • 会社名:株式会社ランクアップ
  • 通常価格:4,104円(税込)/200g
  • 特別価格:2,990円(税込)/200g

公式サイトへ

マナラ・ホットクレンジングジェルを利用したレビューはこちら


そもそもなぜ洗顔をしないといけないの?

なぜ洗顔をしないといけないの?
一般的に多くの方が、生活の習慣として朝と夜に日課として洗顔を行っていますが、そもそも洗顔は、なぜしなくてはならないのでしょうか。また、しなかった場合どのようなリスクがあるのでしょうか。

朝洗顔をする理由

多くの人は朝も洗顔を日課としていますが、夜洗顔と違って、朝の場合、洗顔剤を使用する人としない人で分かれます。洗顔剤を使わない理由としては、朝の肌は、寝ているだけだし汚れていないだろうと考える人が多いためです。

しかし、実際はどうなのでしょうか。確認しておきましょう。

朝の肌は汚れている

朝の肌は、汚れていないと思っている人が多くいますが、結果から言うと、朝の肌も汚れています。なぜなら、寝ている間にも皮膚は酸化し、約コップ一杯の汗をかいているため、皮脂の汚れが肌に溜まっているのです。皮脂というのは皮膚の油です。

そのため、洗顔剤を使用しない洗顔だと、どうしても落としきれない皮脂の汚れが溜まってしまいます。そうなると、肌の保水力が低下したり、キメが乱れたりして、肌トラブルの原因に繋がりやすくなっています。そのため、夜だけでなく、朝もきちんと洗顔剤を使用して洗顔することが大切です。

乾燥肌の人は朝洗顔しないほうがいいかも

余分な古い皮脂を取り除くことができるため、朝洗顔を行うことは大切ですが、乾燥肌の方だけは、朝洗顔に関して洗顔剤を使用した洗顔は避けた方が良いでしょう。なぜなら、乾燥肌の場合、もともと皮脂の分泌が少ないため洗顔剤を使用することで、さらに乾燥を悪化させてしまうからです。

そのため、乾燥肌の方は、ぬるま湯のお湯で軽く洗顔するのをお勧めします。

夜洗顔をする理由

皆さんは、お酒を飲んだ日や、とても疲れている日などに、洗顔せずに寝てしまったことはありませんか。夜に洗顔をせずに寝てしまうと、目には見えていなくても、肌にとってはとても大きな負担がかかっているのです。

特に女性の場合は、化粧をしたまま寝てしまうと、後々肌トラブルにつながりやすく、また肌の老化スピードが尋常ではないスピードで早くなりますので、どんなに疲れていても、必ず洗顔は行うようにしましょう。

【夜に洗顔をしないで寝た場合のリスク】

  • 皮脂が酸化する
  • 角質が溜まる
  • 菌が繁殖する

以上が夜に洗顔をしないで寝た場合のリスクになります。

 

皮脂が酸化し肌がどんどんくすむ

朝、メイクを完璧に行っても、夜になると化粧が落ちていたり、肌が黒くなっていたりすることってありますよね。これは、汗などの原因も考えられますが、皮脂やメイクが外気と混ざって、皮膚が酸化してしまっていることが大きな原因としてあげられます。そのため、夜に洗顔を怠ると、寝ている間に皮脂が酸化して、肌がどんどんくすんでしまうのです。

また、一般的に皮脂の酸化は5~6時間の間で起きています。そのため、洗顔をしても、5~6時間スキンケアをしないままでいると、また肌の酸化が起こってしまうのです。そのため、洗顔後はすぐにスキンケアを行うことが大切です。

角質が溜まり肌のターンオーバーが遅くなる

赤ちゃんの肌が綺麗な理由は、肌に余計な老廃物がないため、肌のターンオーバーのスピードが速くなっているためです。しかし洗顔を怠ると、老廃物である角質がたまってしまい、ターンオーバーが遅くなってしまいます。

そうすると、毛穴が詰まってしまうため、ニキビや吹き出物ができやすくなります。また、角質そのものが、黒っぽいので、肌にくすみをもたらす原因となります。

菌が繁殖しニキビや吹き出物ができる

性別に関係なく、肌には目に見えない顔ダニや、ニキビダニの菌が住み着いています。これらのダニは、通常の正常な数であれば、いないよりもいた方が顔の余分な肘などを食べてくれるため良いのですが、洗顔をしないと、それらのダニの大好物である角質が多くなってしまうため、ダニの数が正常の数を超えて増えてしまいます。

そうなると、それらのダニの死骸などが老廃物として溜まり、ニキビや吹き出物、赤みの原因となるのです。

上記に挙げた3点が、夜に洗顔をせずに寝た場合のリスクとなります。また、3つのリスクに共通して言えることが、どれも肌の正常なターンオーバーを止めてしまうため、老化を急速に進めてしまうものであるということです。肌が老化してしまうと、シミやたるみの原因にもなります。つまり、洗顔を怠ることで、後々肌トラブルが起こりやすくなっているのです。そのため、夜は、どんなに疲れていても洗顔を行うようにしましょう。

洗顔を行う際の適切なタイミングとは

洗顔を行う際の適切なタイミング
洗顔を行うタイミングは、人それぞれだと思います。ですが洗顔を行う際には、最適なタイミングがあるのです。

入浴中に洗顔を行う時の適切なタイミング

夜の洗顔は、入浴中に行うという人も多いのではないでしょうか。しかし、入浴中に洗顔を行う場合は、その順番に注意しなければなりません。

入浴の最後に洗顔しよう

お風呂に入ったら、まず顔から洗うという人も多いのではないでしょうか。しかし、入浴中に洗顔を行う場合は、洗顔の順番を最後にするのが適切と言えます。なぜなら一番先に洗顔をしてしまうと、その後、シャンプーの泡やトリートメントのすすぎのお湯で顔が汚れてしまったり、洗顔後のスキンケアまでに時間が空いてしまうからです。

化粧をいち早く落とすことが大事と思っている方も多いと思いますが、肌がまっさらな状態というのも逆に肌質を悪くしてしまう可能性があります。そのため、入浴中に洗顔を行う場合は、お風呂を上がる前、つまり最後に洗顔をするようにしましょう。

入浴中以外の洗顔する際のタイミング

家に帰ったら、すぐ洗顔しているという方や入浴後、就寝前などに洗顔をしているといった方は、できるだけ洗顔と洗顔後のスキンケアの時間が空かないようにすることが大切です。

特に入浴前に洗顔をしてしまうと、スキンケアとの時間が空いてしまうため、オイルなどを塗って、乾燥を防いだりすることが大切です。

洗顔のまとめ

洗顔のまとめ
夜疲れている時や、飲み会などで酔って帰宅したときなどに、洗顔を忘れてそのまま寝てしまったことがある人は多いのではないでしょうか。1日くらい大丈夫と思う人も多いでしょうが、「洗顔をせずに(化粧を落とさずに)寝ることは、雑巾を顔に乗せて寝ることと同じこと」と言われるくらい洗顔は大切なことです。そのため、どんなに疲れていても、今後の肌トラブルを避けるために、必ず洗顔は行うようにしましょう。

また、夜、入浴中に洗顔を行う人は多いと思いますが、洗顔のタイミングまで気をつけている人は少ないのではないでしょうか。できるだけ早く洗顔をする(メイクを落とす)ことはもちろん大事ですが、洗顔を行う際には、洗顔と洗顔後のスキンケアの間を空けないことが大切です。

【ビノージョおすすめの洗顔商品】

マナラホットクレンジングジェル

  • 商品:マナラホットクレンジングジェル
  • 会社名:株式会社ランクアップ
  • 通常価格:4,104円(税込)/200g
  • 特別価格:2,990円(税込)/200g

公式サイトへ

マナラ・ホットクレンジングジェルを利用したレビューはこちら


The following two tabs change content below.
ゆぅゆ

ゆぅゆ

今年の3月末まで現役女子大生でした。 自由人とよく言われますが自分では普通と思っているタイプ。 最近は自分が運動音痴のためかスポーツ選手が輝いて見えてしょうがない。 九州田舎生まれの22歳。丸の内でWebライター頑張っていきます。

この記事を読んだ方は次の記事も読んでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。